過去も未来も妄想の中に・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
煙草の火を消したなら
あなたが煙草の火を消して
席を立てば全てが思い出

言いたい言葉が出ないまま
灰皿を見つめる私は薄化粧

あなたが 先に部屋を出る
後ろから そっと腕を組む

それは昨日までの二人の姿
悲しいのに懐かしくも思う

その煙草の火を消したなら
後は部屋を出て行くだけ


あなたの前で泣いてみたい
考え過ぎて可愛くなれない

もう会えないと知っていても
重い女と思われたくないから

あなたに 涙を見せない
涙はシャワーで流したの

煙草を嫌っていた私なのに
今は火を消さないでと願う

その煙草の火を消したなら
後は部屋を出て行くだけ
スポンサーサイト
2011-08-13 Sat 07:37
別窓 | 女情詩 | コメント:2
| 俺の妄想録 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。