過去も未来も妄想の中に・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
アスファルト
空っぽの明日へ続く
この夜道に何がある

この冷えきった心を
何が温めてくれる

落とした煙草を拾う
右手が温もりを知る

荒れたアスファルト
そこに温もりがある


羞恥心を消せたなら
今すぐキスをしたい

やわらかい温もり
アスファルトを抱きたい

スポンサーサイト
2010-07-31 Sat 06:08
別窓 | ポエム | コメント:2
問い
疲れていく身体に
かける言葉も無い

地の底から繋がる
鎖が自由を奪う

神に祈る言葉より
問いたい言葉溢れる

不幸に拘束される
その理由を問いたい
2010-07-29 Thu 01:51
別窓 | ポエム | コメント:0
お知らせ。
最近、色々とありまして
精神的に落ちています。
詩を考える余裕がありません。

なので今日は詩の更新を
休ませていただきます。
お知らせ。…の続きを読む
2010-07-27 Tue 04:08
別窓 | お知らせ | コメント:2
視界
私の瞳が見る世界
違っていたなら

きっと俯き歩いたり
しなかったのに

私の心が見る世界
違っていたなら

きっと訪れる明日も
違っていたのに

目と心が手を結んで
私の精神を苦しめる

私のささやかな希望
夢を奪っていく


2010-07-25 Sun 05:01
別窓 | ポエム | コメント:0
初心
もう一度 考えてみようか

もう一度 冷静になって


僕は自分が思っているより

何も出来ない人間だね


知的を気取ってみても無能

現実の中では僕は下人だね


もう一度 考えてみようか

もう一度 冷静になって


もう一度 浮ついた精神を

奈落の底に 突き落とそう
2010-07-23 Fri 03:16
別窓 | ポエム | コメント:0
部屋
何に脅えているのか
わからないでいる

胸が締め付けられて
吐き気がしてくる

音の無い静かな部屋
静寂が不安を煽る

逃げる事は出来ない
心も体もついてくる


月光が射し込む部屋
光は眠気を遠ざける

逃げる事は出来ない
この部屋は僕の全て
2010-07-21 Wed 05:04
別窓 | ポエム | コメント:2
償い
神が救ってくれない理由
知りたくて祈っていたら
答えは悪夢が教えてくれた

罪を償うために生きている
前世で罪を犯し続けたから
恨みに満ちた人々を背負う

運の悪さを感じる時がある
嫌な予感が当たる時がある
後ろから誰かが教えてくれる

忌まわしい定めが絡まり
重い身体で生きていく
この身体で罪を償っていく



2010-07-19 Mon 02:50
別窓 | ポエム | コメント:0
闇のシンデレラ
闇の世界に暮らす君が
王子様を待っているなんて

君は硝子の靴を履いて
冷えた足で宵闇に彷徨う

闇の世界は破滅の入り口
王子様が来る場所じゃない

君は痛んだ足を愛して
自分に酔いしれ踊っている


闇の世界は破滅の入り口
王子様が唾を吐く場所

そんな事も知らず化粧して
君は王子様を待っている
2010-07-17 Sat 05:46
別窓 | ポエム | コメント:2
昔の恋
昔の恋を思い出す
君も同じだろう

君の頭の中に
今も僕がいるなら

その僕は何を語り
君は何を思うのか

優しく美化された
僕であって欲しい

懐かしいと思える
僕であって欲しい
2010-07-15 Thu 03:17
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:0
二人の幸せの為に
君の苦しみを全て
貰いたいと思う
俯く姿を見るより
幸せになれるから

そんな事を考えて
俯く君を見つめて
何も言えずにいる
情けない男だよね

あの頃のように
元気に手を振って
俯かず何も考えず
笑っていて欲しい

君に降り注ぐ苦しみ
不幸も悲しみも全て
僕の人生の上に降れ
二人の幸せの為に
2010-07-13 Tue 03:53
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:2
どこまで歩こうか
黒い雲を運ぶ風に
身を委ねていよう

光溢れる世界など
広がりはしない

永遠と続いている
この薄暗い街道

悲しみ弄びながら
どこまで歩こうか
2010-07-11 Sun 03:59
別窓 | ポエム | コメント:0
彦星
風が吹く度に笹の葉が揺れる
晴れでも雨の夜でも関係なく
逢いたい気持ち強くなってゆく

一人この夜空を眺めるたびに
震えている体を温めて欲しくて
偽物の愛でも欲しいと思った

寂しい孤独に耐えて暮らして
目移りしてしまう星屑の中で
お互いを見つける目印はなに

子供達が書いた短冊が揺れる
無邪気な夢を馬鹿にしながら
異性の温もりを求め夢見ている

2010-07-09 Fri 01:58
別窓 | ポエム | コメント:2
天使の羽をつけた悪魔
最初から僕の事なんて
軽く思っていたんだね

君が裏切った訳じゃない
僕の浅はかな勘違いだ

寂しくて哀しいけれど
慣れているから大丈夫

君は僕を優しく包み込んだ
天使の羽をつけた悪魔


眠れずに自分を責める
振り返らず去ればいい

君は僕を優しく包み込んだ
天使の羽をつけた悪魔


2010-07-07 Wed 04:23
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:3
孤独を流して
雨の香りを乗せた
風が強くなる

熱に弱った精神が
夕立を望んでいる

雨に慌てる街角で
僕は濡れていたい

心浮かれる夏の街
僕の孤独を流して



2010-07-05 Mon 03:11
別窓 | ポエム | コメント:2
今夜は・・・
馴れ合いの愛のはずが
今夜は君を愛おしく想う

濡れたバスタオル抱き寄せ
二人ベッドの脇で抱き合う

君の持つ力を全て使って
強く抱きしめて欲しい

今夜は この先はいらない
君の濡れた髪が乾いても

今夜は この先はいらない
朝まで何度もキスをしたい

2010-07-03 Sat 05:11
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:3
煙のように
あんなに嫌がった
あなたの煙草の煙
今では愛しく思う

煙草を気にするような
清い人生じゃないのに
あなたに甘えていた

煙の無い小さな部屋
なぜだか息苦しくて
胸が締め付けられる

煙の無い小さな部屋
煙のように消える命
あなたに会いに行ける.....

2010-07-01 Thu 04:17
別窓 | 女情詩 | コメント:3
| 俺の妄想録 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。