過去も未来も妄想の中に・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
私と私
明かりを消した時
強がる私も消える

小さなベットの上
逃げる場所がない

寄り添って強い私
優しく包み込んで

私を苦しめる私を
もう近づけないで


行かないで強い私
眠るまで傍にいて

私を苦しめる私を
お願い追い払って

スポンサーサイト
2010-06-29 Tue 05:23
別窓 | ポエム | コメント:2
契りを交わした二人
私を信じて共に歩いて行こうと
君に胸をはって言って欲しい

頼りないけれど裏切りはしない
君に胸をはって言えるだろうか

来世への契りを交わした二人が
互いに求めるものは愛より信頼

一人を残し逝くことになった時
安心して先に来世へ行ける信頼


私を信じて共に歩いて行こうと
君に胸をはって言って欲しい

頼りないけれど裏切りはしない
君に胸をはって僕は誓える
2010-06-27 Sun 04:52
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:2
暗黒の世界へ
確かに聞こえる
心に響く時計の音

もう一度歩き出そう
黒い空気が覆う街

秒針が進む音は
誰にも止められない

暗黒の世界へ
歩いて行こう


馬鹿と悪が語らう
正義を知らない街

暗黒の世界へ
歩いて行こう
2010-06-25 Fri 05:43
別窓 | ポエム | コメント:0
色彩のない花
妖艶さのない夜の街
酒に酔った子供が騒ぐ

上辺だけ色気づく街で
僕は何も感じられない

この冷めきった精神は
簡単には温まらない

細い足も胸元の谷間も
僕には色彩のない花

2010-06-23 Wed 05:46
別窓 | ポエム | コメント:5
戦闘態勢
気が付けば生きがいになった
この人生で唯一の温もり

抱き合えば幸せを感じられる
身の程を忘れるぐらいに

なにか問題が起こるたびに
二人の未来の姿を想う

そこに何が待っているのか
きっと苦悩の日々だろう


ずっと一緒にいたいと願うから
二人の未来の暮らしを憂う

そこに何が待っているのか
きっと苦難の日々だろう
2010-06-21 Mon 03:15
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:2
暗視
私は暮らしのなか疲れて
地面に落ちた影を見つめ
今日も街を歩いている

私は日々の暮らしのなか
何かを探して生きている
それが人の本能だから

目に付くものは人々の影
鏡にうつる不幸不運苦難
私が見つけるのはそれだけ

私は漆黒の闇のなかで
新たな闇を見つけだして
これからも生きていく
2010-06-19 Sat 03:02
別窓 | ポエム | コメント:2
ゴミ
過去なんて忘れてもいい
そして流れにのまれれば
楽になるに違いない

それなのに何故逆らう
汚水に沈めば楽になる
わかってはいるのに

笹舟も海に出る前に沈む
惨めったらしく浮かぶのは
昔を忘れられないゴミだけ

流されまいと逆らい続け
川岸の草に身を委ねても
所詮は疲れきったゴミ
人々が顔を背けるゴミ

2010-06-17 Thu 04:11
別窓 | ポエム | コメント:0
笑顔を
僕は今日まで生きて
何を残してきただろう

僕が旅立ったとしたら
皆は何を思い出すのか

惨めな僕の姿
思い出し泣くのか

僕の数少ない笑顔
思い出すだろうか


情けない僕の姿
思い出して笑うか

僕の数少ない笑顔
思い出すだろうか

2010-06-15 Tue 04:21
別窓 | ポエム | コメント:2
乙女姿
君は強がり強い瞳で
甘える子を演じられない

恥ずかしいと思えば
心とは裏腹の態度

歳を重ねても女性は
消し去れない乙女心

ふとした仕草に出る
乙女姿が愛らしい


君は強がり強い口調で
可愛い子を演じられない

意識すればするほど
心とは裏腹の言動

それでも君は女性で
隠し切れない乙女心

ふとした仕草に出る
乙女姿が微笑ましい

2010-06-13 Sun 04:38
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:4
雷雨
雷鳴と窓を叩く雨の音
今夜は眠れそうにない

急に不安に襲われる
此処には温もりが無い

遠く落ちる稲妻を見て
空へ腕を伸ばしてみる

今の僕には
あの雷に触れてでも
温もりを求め感じたい


稲妻も僕を避けている
冷えた体をまるめ寝る

今の僕には
枕元に立つ死神にも
温もりを感じるだろう
2010-06-11 Fri 01:14
別窓 | ポエム | コメント:0
永久の夜を望んでいる
静かに夜が明けていく
僕の気持ちも知らずに

何故か僕だけ一人だけ
地球では浮いた存在

草や木や虫も動物達も
太陽が昇る時を待つ

僕は地球の生命なのか
永久の夜を望んでいる


地獄や恐怖や苦しみ達は
太陽が昇る時に来る

僕は地球の生命なのか
永久の夜を望んでいる
2010-06-09 Wed 04:17
別窓 | ポエム | コメント:4
本音
私は世間を恨んでいる
私は人間を憎んでいる
私も含め全ての世界を

だけれど本当は本音は
人々を恨むのではなく
人々と生きたい

荒んだ世界のどこかに
素晴らしい人々もいる
それを知っているから

なかなか変われない
私を受け入れてくれる
人々と生きたい

2010-06-07 Mon 02:16
別窓 | ポエム | コメント:0
お花
のんびりと野に咲く
優しい花が好き

大人になりきれずに
悪に憧れる人々

威圧的に偉そうに
街に溢れている

だから僕は
野に咲く花が好き


皆にやさしく咲く
可愛い花が好き

偉くなったつもりか
肩肘張った人々

子供だらけの世界で
疲れて当然だ

だから僕は
野に咲く花が好き


2010-06-05 Sat 02:37
別窓 | ポエム | コメント:0
言葉の愛
確かに愛を感じる
愛し合っている
それなのに何故か
愛の言葉が響かない

雑談よりも軽い
言葉に成り下がる
なんて意味の無い
言葉だろうか

この言葉の何に
心揺らいだのだろう
馴れ合いの暮らし
これが絆や信頼なら

そんなものはいらない
僕が告げる愛の言葉に
恥らった顔をしながら
君も愛を囁いて欲しい

2010-06-03 Thu 04:28
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:2
欠片
この心は疲れ果て
ボロボロだけれど

過去に置いてきた
心の欠片達は今も

振り返ればいつも
キラキラ鋭く光る

欠片を集めたなら
心は元に戻るかな


知らぬ間に心欠けて
置いてきた欠片

痛みは消えない
心癒す術を知らない

忘れたくない過去
愛した人もいるけど

欠片を取り戻せたら
心は強くなれるかな


2010-06-01 Tue 02:40
別窓 | ポエム | コメント:2
| 俺の妄想録 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。