過去も未来も妄想の中に・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
君の瞳に
俺の腕枕 君は乱れ髪
見詰め合い 黙り込む

そんなに見つめないで
言葉を失い 戸惑う

君の視線に 貫かれて
動けなくなる

もう何も 考えられない
その瞳に 思考はとまる


俺の腕の上 君が囁いた
返事が 浮かばない

そんなに見つめないで
この雰囲気に 戸惑う

君の瞳の その強さに
慣れそうにない

この先も 永遠にずっと
その瞳に 戸惑いそうだ

スポンサーサイト
2010-01-30 Sat 01:44
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:0
夢見ても
冬の街から逃れたくて
一人熱燗に救い求める

爽やかさも面白さもない
俺は何もしてやれない

暖かな風に吹かれ歩く
二人を夢見てきたけれど

つまらない俺には南より
北国の風が似合うだろう


お前に頼り甘えたくて
一人葛藤し酒に頼る

頼りがいも男気もない
君に何もしてやれない

穏やかな南の島で遊ぶ
二人を夢見てきたけれど

情けのない俺には南より
北国の海が似合うだろう

2010-01-28 Thu 01:48
別窓 | 演歌・歌謡曲っぽい詩 | コメント:0
洗濯物
穏やかに過ぎる日々ほど
愛に不安を感じてしまう

何もない日が続くほどに
何故か寄り添いたくなる

洗濯物をたたむ お前を
手伝うふりをしてみよう

肩と肩が触れ合うだけで
愛を感じていられる


洗濯物をたたむ お前は
邪魔そうな顔をしていた

それでも何も言わないから
愛を感じていられる
2010-01-26 Tue 03:47
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:0
努力
どんなに苦労をかけても
荒まぬ君を誇りに思う

なんの取得もない僕に
出来る罪滅ぼしは何?

愛をくれる君を想うと
申し訳なくて眠れない

人を幸せにするのは難しい
せめて幸せに近づけるよう
努力し続けたいと思う

努力し続けることだけが
僕に出来る唯一のこと

2010-01-24 Sun 04:18
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:4
幸せが見える
こんな自分を愛すなんて
できるわけがない

神様が願いを聞かない
理由がわかる

汚い部屋で見ていた夢は
すべてが汚れていた

毎晩ため息つけば
口から出る幸せが見える


こんな自分を愛すなんて
できるわけがない

鏡の前で笑顔を作れば
吐き気がしてくる

例え誰かに愛されても
消えない愚かな罪

毎朝ため息つけば
口から出る幸せが見える

2010-01-22 Fri 02:35
別窓 | ポエム | コメント:4
君の蝋燭
心の中に灯る火は

君の形をした蝋燭

蝋燭は溶けていく

毎秒ごとに溶ける

突き刺す痛み熱さ

垂れた蝋の刺激が

気持ちいいと思う

火傷の痕を残して

いつか心の中から

溶けては消え去る

君の形をした蝋燭

2010-01-20 Wed 04:59
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:0
続きは夢の中で
眠ろうとする横で
君が何か囁いている

明日の予定だろうか
それとも世間話か

眠ろうとする横で
君が何か囁いている

明かりを消した部屋
吐息混じりの囁き

続きは後で聞くから
愛の囁きは夢の中で
2010-01-18 Mon 04:21
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:0
黒い薔薇
一本の薔薇を愛し
花畑に目もくれず
生涯を奉げる姫様

神が与えてくれた
黒い薔薇を抱いて
何を夢見て眠るの

世界に一つだけの
花は美しいらしい
その言葉信じるの

黒い薔薇を抱いて
眠る顔は穏やかで
虚像の城は更ける

黒い薔薇は姫様の
眠る顔を眺めては
赤い薔薇を夢見る

2010-01-16 Sat 02:29
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:2
脅えた天使
脅えた天使よ
背にしがみつき
どうして震える

脅えた天使よ
この心まで
どうして震わす

脅えた天使よ
このまま一緒に
どこまで歩こう

脅えた天使よ
守ってやれない
僕を許して.....


2010-01-14 Thu 04:42
別窓 | ポエム | コメント:0
体を温めて
白い月が浮かぶ夜
ベンチで拗ねる君
買ってきた缶コーヒー

ほら早く飲みなよ
冷めないうちに
そして体を温めて

こんな寒い夜には
頬をつたう涙が
銀色の氷に見える

体が温まったなら
手を繋いで欲しい
抱き寄せて欲しい


僕が寒がりなのは
君も知っているだろう
寒くて耐えられない

体が温まったなら
手を繋いで欲しい
抱きしめて欲しい

2010-01-12 Tue 05:29
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:2
舞い散る花弁
なんだかむなしい日々
こういう時に思い出す
心を許せた懐かしい人

ネクタイも緩めずに
ただ街を彷徨い歩く
人もビルも過ぎてゆく

かじかむ手を入れた
コートのポケットにも
深深と冷える隙間風

枯れた桜並木を目指す
あの頃あの人と歩いた
風に舞い散る花弁の道

静かにひとり歩く
むなしさは消えない
あの季節あの春を想う

枯れた桜並木に立てば
いつでも見える桜吹雪
風に舞い散る花弁と僕

2010-01-10 Sun 02:40
別窓 | ポエム | コメント:2
激情
次から次へ僕を責める
君の心の中を見たい

僕に魅力はあるのかな
鏡には何もうつらない

本当に愛しているから
どんな言葉も許せる

君の感情 その全てを
僕は受け止められる


本当に愛しているから
どんな君でも許せる

君の激情 その全てを
僕は愛おしく思う

2010-01-08 Fri 02:36
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:2
積雪
雪が降ってきた
しんしんと降る
空っぽの心に

普通の人の心なら
落ちては溶けいく
儚く美しい雪

月にひかる雪も
きれいな結晶も
心が見せた全て幻

私の心には積もる
日ごとに重くなる
悲しく汚れいく雪

2010-01-06 Wed 02:08
別窓 | ポエム | コメント:0
君を抱きしめよう
雨に濡れる事を嫌い
傘を握り締めていた

安物の傘を持てば
君を抱けないのに

こんな傘は捨て去って
君を抱きしめよう

冷たい雨に打たれても
もう気にならない

僕の傘は捨て去って
君を抱きしめよう

君の差し出す傘に入り
君を抱きしめよう
2010-01-04 Mon 02:12
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:4
2010年
明けましておめでとうございます。

去年は色々とお世話になりました

どうぞ今年も宜しくお願い致します。

                 by 暁森 窓幻
2010-01-02 Sat 04:17
別窓 | お知らせ | コメント:3
| 俺の妄想録 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。