過去も未来も妄想の中に・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
今年最後の・・・
これが、今年最後の更新となります。

あっという間の一年でした。
なんとか、このブログも続けられました
これも皆様のおかげで御座います。

ありがとうございました♪

また来年も宜しくお願いいたします。
皆様、良いお年をお迎え下さい。

                by 暁森 窓幻
スポンサーサイト
2009-12-31 Thu 04:04
別窓 | お知らせ | コメント:3
クルーズ
帆柱の折れた難破船に乗り
世界の海を旅してみたい

深い霧に包まれ昼でも暗く
誰の目にもとまらぬように

豪華さなんて皆無でいい
喧騒の世界に別れを告げて

凡人には乗船できない
見えることもない難破船


どんな荒波にも沈まない
自然の流れに全てを託して

乗船すれば二度と戻れない
帰る場所もない難破船
2009-12-29 Tue 04:13
別窓 | ポエム | コメント:2
ついて来て
それ以上何も言わないで
黙ってついて来て欲しい
少しぐらい男を見せたい

君は言いたいことを全て
口にする性格だけれど
何も言わずにいてほしい

約束は出来ないけれど
嫌な思いはさせないから
後悔はさせないから

頼りない足取りでも進む
君の愚痴一つで僕の心は
行き先を見失ってしまう


2009-12-27 Sun 03:42
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:3
Christmas
僕らはクリスマスでも
盛り上がらないね

イルミネーション見て
街の雰囲気にのまれて
ただ それだけの行事

プレゼントをもらえる
それだけが楽しみかな

僕らはクリスマスでも
盛り上がらないね
それ以上の素晴らしい
日々を過ごしているから

2009-12-25 Fri 02:50
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:0
傍にいてくれるなら
傍にいてくれるなら

すねていてもいい

怒っていてもいい

傍にいてくれるなら

僕の心は落ち着くから


傍にいてくれるなら

背を向けてもいい

涙をみせてもいい

傍にいてくれるなら

謝ることができるから
2009-12-22 Tue 05:06
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:4
お知らせ
パソコンが壊れてしまいました。
携帯からの更新です。
電源は入るものの画面が
真っ黒なままです(T-T)
新しいパソコンを買うか
悩み中です・・・
2009-12-20 Sun 03:58
別窓 | お知らせ | コメント:2
深夜
人影絶えた深夜の通り
静寂の世界に聞こえる
冷たい囁きに耳が痛い

あなたは寝ているのか
震える手で握る携帯を
どうか震わせて欲しい

闇に向かい歩いてゆく
白い溜め息の向こうに
あなたの面影も去った

あなたは温もりの中で
どんな夢を見ているの
夢の中は賑やかかい?

2009-12-18 Fri 02:27
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:2
逝く日まで
君を好きになってから
どのくらい経つだろう

なんとなく歩いてきた
長いようで短いような
時の流れも忘れたまま

気付けば二人は老けた
それも面白いと思える
仲良く歩く二人だから

二人の時は止めたまま
これからも歩いていく
どちらかが逝く日まで

よく見れば君は厚化粧
それも乙女心と思える
口には出せぬ言葉だけど

二人の愛は今のまま
変わらずにいで欲しい
どちらかが逝く日まで
2009-12-16 Wed 03:48
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:0
手を握って
もしも 僕以外に
君を愛す男が現れたら
僕は勝てるだろうか

きっと僕のことだから
戦いを放棄しそうだ
君を信じているから

僕には何の武器もない
思い出と言う盾だけで
心を守るしかない

でも逃げはしないから
君も離れないで欲しい
君から僕の手を握って欲しい


2009-12-14 Mon 03:58
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:2
誘惑
傘を持つ手が冷たい
夜の賑やかな通り
家路を急ぐ足と裏腹
立ち止まる心

悪魔のような女に
抱かれたい夜がある
全てを奪われても
人に笑われてもいい

夜の街のネオンが
水溜りに輝いている
皆が避ける水溜り
躊躇なく足を入れる

汚れていく靴を見て
お似合いだと思える
気取ったところで
誰も見ていないだろ

荒んでいく僕を知り
誰が手を差し伸べる
ただ 舌をだした
女だけが微笑む・・・
2009-12-12 Sat 02:33
別窓 | ポエム | コメント:2
お湯割り
お湯で割った焼酎の
微かにのぼる湯気を
一人見つめる

一時の酔いのために
この焼酎に何を託し
グラス握るのだろう

気付けば もう冬で
冷たい空気に包まれ
呟きも凍える

焼酎で体が温まれば
心の寒さを強く感じる
温もりに酔いたい
2009-12-10 Thu 04:03
別窓 | ポエム | コメント:2
聞こえるかな
自分の心に 吹く風に
かき消される君の言葉

あの頃は聞こえもしない
君の声を聞いていたのに

言葉にしない思いなんて
わからなくて当然だよね

言葉にならない君の声を
聞こうとしない僕がいる・・・


口に出さない思いだから
わからないで許されるの

言葉にならない君の想い
探し続ける義務がある

言葉にならない君の声を
聞きたいと思う僕もいる
2009-12-08 Tue 02:30
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:0
もう一人の俺と君
いつもの 些細な口喧嘩
何故か今日の俺には辛く
耐えられそうにない

心の中 わかっていても
行動に移せない事がある
それが俺には多いんだろ

君への想いは変わらない
君に命を奪われてもいい
その方が楽かもしれない

もう一人の俺と君が二人
煙草手にする俺を 睨み
煙草を吸う手も震えだす・・・

もう一人の俺と君が二人
黙り込む俺を責め立てる
この世界に味方はいない・・・

2009-12-06 Sun 03:58
別窓 | ポエム | コメント:3
寂しさと
寂しさと言う名の悪魔と
添い寝する夜がある

寝返りうち背を向けても
背中から抱かれる

眠れずに天井を見つめ
寂しさを映し出す

寂しさと言う名の悪魔と
朝を迎える時がある


2009-12-04 Fri 02:53
別窓 | ポエム | コメント:5
イルミネーション
二人で飲む酒は
二人寄り添わせ
時間も気にせず
夜の街歩かせる

熱くなった耳と
赤くなった頬
北風が優しく
撫でていくね

青と白の街路樹
夜の街が輝く季節
誰もが目を奪われ
何を想うのだろう

僕が今まで見てきた
どの街の夜景よりも
君の輝く瞳が最高の
イルミネーション

2009-12-02 Wed 02:49
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:0
| 俺の妄想録 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。