過去も未来も妄想の中に・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
ずっと見ていたい
君のルージュ色の嘘なら
騙されるのも悪くない

君の機嫌を損ねてしまい
叩かれるのも悪くない

とにかく傍にいて欲しい
そう そのままの君で

他人に見せない君の姿
ずっと見ていたいから


君が自分の歳も忘れて
可愛子ぶるのも悪くない

君が僕を起こそうとして
蹴ってくるのも悪くない

君は変わらないで欲しい
そう そのままの君で

他人に見せない君の姿
ずっと見ていたいから

スポンサーサイト
2009-11-30 Mon 05:02
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:0
流れ星
空に思い浮かべる
あなたを例えるなら
きっと 流れ星

あなたに触れる事も
想いを伝える暇もなく
消えてしまう存在

あなたが流す涙も
笑顔に隠れた影も
僕を惹きつけ続ける

落ちゆく流れ星なら
僕が受け止めたい
あなたが望まなくても・・・

あなたの優しい言葉も
あなたの悲しい過去も
聞き流せそうになくて

落ちゆく場所探すなら
僕の胸に落ちて
流れぬ星になれ
2009-11-28 Sat 02:15
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:2
カラスが呼んでいる

明け方の冷えた部屋
突然 目を覚ませば
カラスが鳴いていた

窓の外薄っすら明るく
時計を見る気力はなく
カラスの声を聞いてる

どうしてカラスなのか
朝は雀じゃないのか
雀に起こされたかった

カラスが呼んでいる
朝を知らせる雀達は
雀はどこへ消えたのか


どこから聞こえるのか
窓の外か部屋の中か
カラスは何羽いるのか

カラスが呼んでいる
僕を見捨てて雀達は
雀はどこへ逃げたのか

2009-11-26 Thu 04:13
別窓 | ポエム | コメント:2
星探し
部屋の小さな窓を開け
くわえ煙草で見る夜空
酔い覚ましに星を探す

都会に照らされた雲が
僕から星を隠すように
流れていくのが見える

僕は冬の夜空にある
星座なんて知らない
知りたいとも思わない

北風に吹かれ続ければ
星を探す気もなくなる
全てが馬鹿馬鹿しい・・・

2009-11-24 Tue 04:57
別窓 | ポエム | コメント:0
君と出逢ってから
生まれた国も
話す言葉も
違った二人

それでも僕は
君との距離を
感じた事はない

会えない夜も
君の愛の囁き
君の甘える声

僕は聞いて眠る
君と出逢ってから

目を閉じれば
僕の横の寝息
寄り添う重さを

僕は抱いて眠る
君と出逢ってから

2009-11-22 Sun 03:44
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:3
愛の存在
この愛や俺を信じられる?
俺は問いかける

そんな俺にあきれたように
君は言ったね

愛は信じるものではなくて
感じるものだと

態度や言葉の一つ一つに
愛は存在する


この俺に愛を感じられる?
さらに問いかける

そんな俺に苛立ちおさえ
君は言ったね

受け取る愛も与える愛も
感じていられる

頼りなくてゴメンの態度に
愛は存在する

2009-11-20 Fri 03:36
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:2
1%の希望
見えぬ明日を考えれば
99%の不安と1%の希望

もし未来が見えたとしたら
絶望の中で生きる事になる

不安の中の1%の希望が
僕等を生かしていると思う

今日の僕は99%の不安に
苛まれているのだけれど・・・

1%の希望…の続きを読む
2009-11-18 Wed 02:48
別窓 | ポエム | コメント:2
君が作る世界
微かに聞こえる雨音に
二人を包む暗い照明
ずっと君が夢見ていた
ダブルベットに天蓋

時間が経てば無口に
よく喋る性格に合わぬ
謎めいた君が現れる
そして僕を虜にする

カバンにしまう腕時計
テレビを消す細い指先
後は煙草を隠すだけ
君が作る二人の世界

シャワーの音がとまる
恥じらい寄り添う薄化粧
後は明かりを消すだけ
君が作る二人の世界

2009-11-16 Mon 02:40
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:2
口に出せない弱音
いつも優しく寄り添う
君を見ると辛くなる
優しさに応えたい
少しでも支えたい

男の弱音なんて
聞きたくないだろ
男のため息なんて
情けないだろ

口に出せない弱音
心の中で暴れる
ため息も出せず
手を握り返すだけ


俺の異変に気が付き
君は俺に聞いてくる
優しさにすがりたい
苦しさを伝えたい

俺の弱さなんて
知りたくないだろ
男の泣き顔なんて
見たくないだろ

口に出せない弱音
心の中で暴れる
目も合わせられず
話をそらすだけ

2009-11-14 Sat 02:59
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:2
あの日
どれだけ酒を飲んでも
まだ見ぬ未来を考えれば
不安に酔いもさめていく

君の持つ愛が不思議だ
なんど君を悲しませても
君は愛し続けてくれる

ウィスキー片手に吹かす
煙草の煙の中に混じった
悲しいデジャブの香り

君を悲しませた あの日
忘れてしまいたいけど
忘れてはいけない気がする

君を悲しませた あの日
苦しくても忘れない
君を悲しませないために

2009-11-12 Thu 02:40
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:0
君でいっぱい
誰かが言っていた
人を愛し恋することは
心を奪われることだと

でも君は違っていた
君は僕の心を奪わず
君を詰め込んできた

笑顔 優しさ ウィンク
心の中は君でいっぱい
もう張り裂けそうだよ

君に心を揺らされて
心に入りきれない君が
愛になって溢れていく

2009-11-10 Tue 03:26
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:2
冷たい
見慣れたビルはいつも
冷たい顔で建っていて
少しの温もりもない...

この街の冷たい空気
嫌いじゃないけれど
好きにもなれない...

夜の黒い北風が叫び
人肌 恋しくなれば
君の温もり思い出す...

冷たい夜に落ちていく
誰にも止められない
今夜は君の幻想も
抱けそうにない...

2009-11-08 Sun 02:55
別窓 | ポエム | コメント:0
トキメキ
今日の俺は いつもと違う
君は気が付いていないね
もっと俺を見て欲しい

見慣れた君の横顔を見て
なんだか照れる俺がいる
なんだか戸惑う俺がいる

君は鼻歌まじりで 歩いて
買い物に映画 そして食事
君の心は俺には向かない

今日の俺は いつもと違う
君は気が付いていないね
君も照れているのかな

今日の俺は 少しSEXY
髪型を変えた君に
心 トキメいているから


2009-11-06 Fri 02:34
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:2
金木犀
寝坊をして 慌てて
街に飛び出せば
金木犀の香り漂う

寝ぼけて走れない
約束の公園は遠く
君はもう着いた頃

少しの遅刻ならば
君は何も言わない
優しさに ありがとう
だけど 申し訳ない

街の小さな公園で
君が待っている
金木犀の香りの中
君が待っている

2009-11-04 Wed 01:16
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:2
愛を守る為に
些細な事で消えてしまう愛を
僕は何度も見てきたんだ

この愛も消えてしまいそうで
怖くて怖くて たまらない

どんな困難も乗り越えられる
愛を信じていない僕がいた

この愛を守る為に戦った今日
君の この愛への強い想い
秘めた女の強さを知った


攻撃的な僕におどろいたろ
僕はこれでも男だから

君は僕をなだめるけれど
抑えられない 愛がある

いつも僕を支えてくれていた
君を少しは支えたかったから

この愛を守る為に戦った帰路
君の 僕への愛の大きさに
その大きさに泣きそうになった・・・
2009-11-02 Mon 02:44
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:3
| 俺の妄想録 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。