過去も未来も妄想の中に・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
君の姿
曖昧な関係 続けさせた
僕が全て いけなかった

別れの訪れを 感じ
問い詰める 君の姿

お互い戸惑う夜でも
凛とした 君の姿

あの夜 強い想いを知る
別れの時が 訪れた後も
最後まで見送る 君の姿


バックミラー覗けば 闇と
僕を見送る 君の姿

テールランプに照らされた
赤と黒の 君の姿

突然 目の前に浮かんでは
今も僕を 見つめ続けるね
寂しげな表情 君の姿・・・
唇かみしめた 君の姿・・・


スポンサーサイト
2009-05-30 Sat 02:25
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:0
風の強い夜 暗い部屋
枕元に 蚊の羽音を聞く

なぜだろうか 目をとじて
蚊の運命 かんがえる

僕が どんな人間なのかを
知らずに迷い込んだのだろう

夜風に流され たどり着いた
孤独な蚊に 情がうつる


この広い街で なぜ此処に
遠い昔 会った事あるかい

僕の血なら 吸えばいい
そのかわりに 少しだけ

僕の相手をしてくれないか
少し話を聞いてくれないか

一人では潰されそうな胸
今夜 慰めてくれないか・・・


2009-05-28 Thu 02:44
別窓 | ポエム | コメント:4
ようこそ心へ

僕の頼りは この愛だけ
他に頼れるものもなくて
心の鍵は 君に預けよう

いじけた心 励ます日々
卑屈な心でも 大切に
抱きしめて 生きてきた

孤独を愛そうと 思った
幻想の世界に 逃げた
そう 君と出会うまでは

心塞いで 冷めた僕を
優しいと言ってくれた日
君の言葉は 心の鍵に

僕の支えは もう君だけ
他に信じれるものはない
心の中に 君を宿そう

2009-05-26 Tue 02:56
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:0
人形
興味なさそうな その態度
俺だって興味なんてない

心のない笑顔を見せられ
言葉をなくし うつむいた
そんな経験 何度もした

綺麗な女性 それだけで
俺の心は 動かない

だから君は 俺を睨めよ
怒りをぶつけられる存在
それだけでもいい


どこを見ているの その瞳
人形のような冷たい目

綺麗な服着て 化粧して
澄ました顔で 黙り込む
そんな女性 何度も見た

冷たい人形 抱きしめて
俺は遊ぶ 趣味はない

感情を出して 人間らしく
君は可愛いだけの人形
そうじゃないだろ


2009-05-24 Sun 03:28
別窓 | ポエム | コメント:3
深夜の開放
深夜に開放される
俺の心がある

体は横になりたいと
俺に叫んでる

でも もう病み付きで
目は冴え渡る

たくさんの俺が訪れる
この部屋に来る


深夜に開放される
俺の心がある

頭は休みたいんだと
俺に泣きすがる

でも もう闇憑きで
睡魔も逃げる

ほら俺の体に心に
何かが降りる
2009-05-22 Fri 02:04
別窓 | ポエム | コメント:3
天使に告ぐ
そうだね 君の言うとおり
僕には 感情が無いんだ
何とでも好きに言ってくれ

全ては君が仕組んだ事だろ
君のお陰で僕はこうなった
君の微笑が眼に浮かぶようだ

だけど悪縁も もう終わる
君にも僕にも 意外な事だけど
感情が まだ残っていたよ

こんな僕も 人を好きになり
こんなにも 人を愛している
感情はまだ 心に生きていた


長い悪縁も もう終わる
会えなくなれば 少し寂しいけど
もう二度と 来ないでくれよ

こんな僕も 人を好きになり
こんなにも 人を愛している
次会う時は 君とも闘える
2009-05-20 Wed 03:53
別窓 | ポエム | コメント:4
独り迷子

今思い出しても 悲しく

とても胸が 苦しくなる


あなたの心が離れている

そう気が付いた あの時


もう何を言っても届かない

全てが独り善がりの独り言


一緒に歩いていたのに突然

誰も探しに来ない 独り迷子

2009-05-18 Mon 04:18
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:2
昨日見た夢を

時が経てば 薄れる幸せに
愛を語る 意味さえ薄れる

揺れ動く心の 唯一の救いは
揺るがない おまえの愛 

左腕の おまえの寝顔と
少し乱れた髪 静かな寝息

いつか見た 夢の続きをもう一度
いま目を閉じ 探したい


シャワーの音 響く小さな部屋
あいかわらず おまえは早起き

酒の残る頭 憂鬱になりながら
ベッドに顔 押し付ければ 

シーツの上は おまえの残り香
とても心地いい 優しい温もり

昨夜見た おまえの姿もう一度
いま目を閉じ 感じたい


2009-05-16 Sat 02:29
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:2
世紀末に接吻を
今日の詩は、気分で書いた詩です。

自分で読み返したところ意味不明でした。
「詩」と言えるかどうかもわからないので、スルーして下さい。

どうしても見たい!と言う、窓幻マニアの方は↓からどうぞ・・・。



世紀末に接吻を…の続きを読む
2009-05-14 Thu 02:03
別窓 | ポエム | コメント:3
逝く者
閻魔堂の窓辺にもたれて

天国へのぼる白装束の

その行列を眺めていた


判決が下るまでの間で

全ての未練を消し去り

心の整理はつくだろうか


愛する家族に恋人の顔

伝えたい思い溢れ出る

伝えたい言葉一人呟く


三途の川原で摘んだ花

溢れ出る涙で滲み見る

閻魔堂の窓辺にもたれて

2009-05-12 Tue 03:26
別窓 | ポエム | コメント:3
造花の浮気

甘い甘い お酒を飲み
二人で過ごす 夜更け  

触れず絡まぬ君となら
夜をともに 過ごしても
きっと 許されるだろう

あの夜に 君の涙に 
目の前の愛 霞んでも 
静かに君と飲んでいたい


遠い遠い 思い出なら
いいところだけで いい

会えぬ戻れぬ記憶なら
都合よく 美化をしても
もう 許されるだろう

恥ずかしく 苦笑しても
若い二人の 経験だと
優しく胸に抱きしめたい

2009-05-10 Sun 03:19
別窓 | ポエム | コメント:2
五月雨の囁き
舗装されたアスファルトの道でも
でこぼこして まるで心模様

五月雨が降り大小の水溜り
空うつる水溜り 覗けば

全知全能の神でさえ
全ての人の心は奪えない

空うつる 水溜りが
そう 僕に教えてくれた


こんなに人が溢れている街でも
傘の中は まるで孤独の部屋

突然のビル風に傘が流され
五月雨を降らす空 仰げば

あの有名な神でさえ
全ての人に愛されてはいない

五月雨を降らす 低い空が
そう 僕に教えてくれた

2009-05-08 Fri 05:16
別窓 | ポエム | コメント:2
久遠の愛
皆様、ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。

僕は3日、4日の2日しか連休がないので、のんびりしたいと思っていましたが
彼女がディズニーシーへ行きたいと、ほざく おっしゃるので混雑覚悟で行って
来ました。

今日は、ディズニーシーで見かけましたパンパンに詰まった土産の袋を持って
楽しそうにデートしていた年配の夫婦の姿に感動して浮かんできた言葉、詩です。



久遠の愛…の続きを読む
2009-05-06 Wed 03:31
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:4
道化者の烙印
なにも聞かないでくれないか
なにも求めないでくれないか

馬鹿だから なにも知らないし
なにも こたえるつもりもない

卑怯者の烙印を押せばいい
愚か者の烙印を押せばいい

矛盾や偽善者の烙印よりも
劣等感の方が心地いい


なにも期待しないでくれないか
なにも夢を見ないでくれないか

阿呆だから なにも出来ないし
なにも しようとも思わない

怠け者の烙印を押せばいい
与太者の烙印を押せばいい

人々に優越感を与えて
物思いに耽る方がいい


2009-05-04 Mon 05:33
別窓 | ポエム | コメント:2
ひとりぼっち
誰にも寂しさ 悟られぬように
人影ない川原に 一人座る

僕に 気がついていないのか
川は空うつし 静かに流れる

川へ向け 投げたつぶては
相手をして欲しかったから

僕の存在を 川にだけでも
気がついて 欲しかったから


寂しさ過ぎれば 切なさが募り
夕闇せまる川原に 一人座る

対岸に 灯りがともれば
川の底からは 宵闇が浮かぶ

繰り返し 投げたつぶては
もう耐えられそうにないから

僕の切なさを 川へ向けても
川はもう 闇へ逃げた
2009-05-02 Sat 02:22
別窓 | ポエム | コメント:4
| 俺の妄想録 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。