過去も未来も妄想の中に・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
力無く握った手
力無く握った手
ひらいてみたら
うっすら光る汗

街の風に触れたら
この手は指先は
冷えてゆくばかり

指の関節
感情線 運命線
際立たせる汗

静かにうつむきながら
ポッケットにしまう
力無く握った手


温もりを探して
差し出した手に
絡みつく哀れ

誰か人に触れたら
この手は指先は
冷えてゆくばかり

頼りない小指
人差し指 薬指
かすかに震える

この世で唯一の温もり
ポッケットにしまう
力無く握った手
スポンサーサイト
2014-10-04 Sat 03:53
別窓 | ポエム | コメント:0
オレンジの光
小さなオレンジの光が
冷たい部屋を照らす
こんな景色を何度
僕は見てきただろう

明日が怖くて眠れない
おびえる僕と
励ます僕とが
言い争いをしている

目をつぶり浮かぶのは
憂鬱になる自分の姿
目を開けて浮かぶのは
オレンジ色の部屋

小さなオレンジの光が
とても寂しくさせる
こんな景色を何度
僕は見てきただろう
2013-01-31 Thu 03:00
別窓 | ポエム | コメント:0
描いた明日へ
君が笑顔を向けてくれた あの日
少し照れた表情 今でも思い出す
辛い日も 少しだけ笑顔になれる  

僕らの出会いは 偶然なのかな
いつしか同じ夢に向かって歩く
ずっと一緒にいたいと心から願う  

僕らの歩みが弱々しい時にでも
明日への一歩が遠くに感じても
僕らの夢は 近づいている

描いた光の中へ 道は続くよ
描いた夢の中へ 歩いて行ける
君の優しい声と 笑顔に包まれ
僕らの前に 道は続いている


僕らの歩みは遅いかもしれないけど
明日へと一歩を踏み出している
僕らは絶対 辿り着ける

描いた光の中へ 道は続くよ
描いた夢へと 歩いて行ける
君の優しい声と 笑顔に包まれ
僕らの前に 道は続いている

2013-01-11 Fri 02:42
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:0
笑い声
街を歩けば 見知らぬ群衆に
笑われている気がする

音楽で紛らわせようとしても
体の内から聞こえてくる

もう今は何も 聞きたくない
少し黙っていて欲しい

ヘッドホンから流れる音では
笑い声を消せはしない


情けない事は わかっている
お前の言う通りだろう

雑踏を避けて歩いてみても
笑い声から逃げられない
2012-09-18 Tue 05:44
別窓 | ポエム | コメント:2
孤独な影
前を歩く他人の
寄り添った影を
見つめて歩く

夕闇の街の中で
腕を組んだ感触と
君の事を思い出す

心は離れたのか
未練があるのか
わからないけれど

あの頃 寄り添った
ぼくらの影は
二人の前に伸びていた


時が過ぎれば
季節が変われば
影は後ろに

ふと振り返れば
雑踏に踏まれる
一人孤独な影があった......

2011-11-06 Sun 04:29
別窓 | 恋のポエム (恋ポエ) | コメント:0
人間なのに
その笑顔を天使と重ねて
天使なんてと苦笑しても
どこかで まだ夢見ていた

孤独の世界に生きる私は
疑いもせず虜になって
その笑顔に光りさえ見た

荒んだ心を否定しないで
優しく包み込んで欲しい
そんな淡い夢を託していた

軽蔑していた雑踏の中
あなたは その中の一人
所詮は ただの人間なのに


地上に現れる天使なんて
羽が抜けおちた堕天使
所詮は ただの人間なのに





2011-11-01 Tue 03:51
別窓 | ポエム | コメント:0
煙草の火を消したなら
あなたが煙草の火を消して
席を立てば全てが思い出

言いたい言葉が出ないまま
灰皿を見つめる私は薄化粧

あなたが 先に部屋を出る
後ろから そっと腕を組む

それは昨日までの二人の姿
悲しいのに懐かしくも思う

その煙草の火を消したなら
後は部屋を出て行くだけ


あなたの前で泣いてみたい
考え過ぎて可愛くなれない

もう会えないと知っていても
重い女と思われたくないから

あなたに 涙を見せない
涙はシャワーで流したの

煙草を嫌っていた私なのに
今は火を消さないでと願う

その煙草の火を消したなら
後は部屋を出て行くだけ
2011-08-13 Sat 07:37
別窓 | 女情詩 | コメント:2
| 俺の妄想録 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。